2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

悲しい知らせ

今朝、母の一番大切な友人(和田山の節ちゃん)が亡くなったと連絡があった。
「エッ信じられへん!」「ほんまに?」「なんで?」
涙が溢れ出る・・・すごく悲しい!すごく淋しい!
心にぽっかりと穴が開いた虚しさと脱力感。
さとえちゃんも信じられない様子・・・二日前くらいに電話で話をしたところだったから。
節ちゃんと母は幼馴染でもあり、女学校で同級生でもあった。 価値観も趣味も似ていて、今でもずっと絵手紙や電話で交流していた。 母の大親友だった。
3年前、母が大手術をしたとき、節ちゃんが心配して、ずっと尋ねてくれた。看病していた私を励ましてくれた。母も私も心の支えだった・・・

命ってはかないなぁ・・・また思い知らされた。

しっかりいているように見えても、か弱くもろくなっているんだ。 私も母との別れが近づいていると・・・つい要らん事を考えてしまう。 心が弱るといい事を考えなくなる・・・
明日お通夜式、明後日告別式 悲しいお別れになる
今年の6月3日 和田山の節ちゃん宅にて (真ん中が節ちゃん)
スポンサーサイト

| 日記 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

つかの間の帰郷

21・22日と娘のAsaが帰ってきた。
「博多へラーメンを食べに行こう」と上司に誘われて、佐賀空港見学も兼ねて福岡や大宰府まで小旅行してきたらしい。
「ハイ~お母さんにお土産」って、大好きなおじぞうさまを買って来てくれた。いくつになっても、お土産もらうのはうれしいなぁ~(*^^*)
20071123jizo.jpg
高校の一つ先輩のMayoちゃんが久しぶりに会いに来てくれて、にぎやかだった♪
来年の11月22日いい夫婦の日に入籍、23日に結婚式だって、Asaも招待してもらうそうだ。 みんなお年頃になってきてるね~
二日間の休暇なんてあっという間、楽しい時間はすぐに過ぎてしまう・・・

| 日記 | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

絵手紙教室

昨日、月一回の絵手紙教室だった。年賀状を描くということで、きみ子先生がお手本の絵を下さったので、真似ながらねずみを描いた。
同じ絵を描いても、みんなそれぞれ違うのでおもしろい。
TちゃんやIちゃんやAさんが欠席で、私のまわりはちょっとさみしかったけれど、みんな描きながら話もはずんで~♪なごやかな練習日だった。

| 日記 | 23:23 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

病院めぐり

17日の夜にさとえちゃんの右足先が急に動かなくなり、ぷらんとした感じで歩きにくいらしい。
「あらら・・・えらいこっちゃ」と今朝一番に主治医に見てもらい、新日鉄病院の脳神経外科を紹介してもらって、受診。MRIで初めての脳検査、初診なので長いこと待たされたが、 脳外科の男前の先生から
「脳には異常がないですよ 安心して下さいね」
「僕が見たところ、神経圧迫による麻痺だと思います」
「長時間同じ姿勢で寝て、右足を圧迫してたんでしょう、少しは動きましょうね」
「次に整形外科に連絡しときますから、そちらへ廻ってくださいね」と優しく診察してもらいさとえちゃんはご満悦(*^^*)
整形外科の先生も同じで「圧迫による神経麻痺は自然に治ることが多いので、温めて少しリハビリで動かして様子を見ましょう」とのこと。
「リハビリし過ぎてもよくないからね」こっちの声はさとえちゃんには聞こえなかったらしい。
もう頭の中は・・・じっとしてたらあかん!運動せなあかん!・・・がインプットされた(笑)
脳は異常なしのお墨付きももらって、元気快復!
さとえちゃん、ほどほどに・・・頼みますよ。

たいしたことなくて、ほっと安心したけれど、朝7時半から順番取りに行って、こがめ内科→勝原薬局→新日鉄病院→MRI検査→脳神経外科→整形外科→勝原薬局 帰宅4時。帰宅したら次は家の用事・・・あぁ・・一日中病院巡りは疲れてしまった。

| 日記 | 23:58 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

網干ふれあい文化展

公民館活動での日頃の学習成果を披露する『網干ふれあい文化展』が開催されている。(網干市民センター 20日まで)
4月から始まった『デジカメ写真編集講座』は、はじめての発表となった。

なかなかの出来ばえ o(^o^)o よかった!よかった!

| 日記 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

松江(島根県)

松江城の内堀、外堀をめぐる 『堀川めぐり』 舟に揺られながら見る松江城下の町並みはレトロであり、モダンだった。築城400年の時を越えて守られてきた森の自然とお堀の美しさ、水辺の鳥たちや生き物たちまで楽しめた♪
舟は今日から、掘りごたつになったそうだ、足はぽっかぽか(^-^)気分はるんるん♪
堀川には16もの橋が架かっている、橋げたが低いので舟の屋根がときどき下がってくる
船頭さんの合図で「えぇっ・・・なんぼほど頭低くするねん!」と笑いながら体を折り曲げて通るのがおもしろかった♪
遠くに見える松江城(逆光だけどね) 小泉八雲記念館は武家屋敷へと続く
『鯛めし』の皆美、美味しかった! カラコロ広場


義兄夫婦にとって、松江は思い出の地。息子さんが大学生の時に住んでいたので、何回も訪れている。Mariさんの大好きな町を案内してもらった。時間が足りなくて、まだまだ見ていないところがいっぱいなんだけど・・・またゆっくりと訪れたいと思う。
楽しませてくれた義兄夫婦に感謝(*^^*)

| 写真 | 08:55 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お見舞い

友人のIzuちゃんが月曜日が手術で、一週間ほどの入院と聞いていたので、ちょっと早いけど元気な顔が見たくて、ToちゃんとYaちゃんと一緒にお見舞に行った。
それが普通のよくある手術と思っていたのに、大手術になったと聞いてびっくり!入院も予定より長引くとのこと、ベッドに横たわるIzuちゃんはまだつらそう・・・「よく頑張ったね!」「今はゆっくり養生してね」手を握り合うと、お互い涙が出てきた。
もっと元気になってから、また来るね・・・
手術のことを安易に考えていて申し訳なかった。ごめんね・・・

| 日記 | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

島根ワイナリー

義兄お薦めの島根ワイナリー、車で走っていても、すっと入りたくなる素敵なスポット。
いろいろなワインの試飲コーナーがあったが、運転中なのでぶどうジュースの試飲でガマン、ガマン・・・お土産に買って帰ろう。

| 写真 | 22:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出雲大社(島根県出雲市)

極楽に過ごした(*^^*)玉造温泉を早朝に出発して、出雲大社へ。移動中、一人留守番しているさとえちゃん(母)に電話で元気確認。
かず  「元気してた?」
さとえ 「調子ええでぇ」
かず  「よかった安心したわ。今から出雲大社へ行くところ」
さとえ 「それやったら、いままでのご縁にようお礼言うときなよぉ」
かず  「ほんまや・・・これからのご縁のお願いのことばかり思ってたわぁ~さすが!ええこと言うわ~ 了解しました。ようお礼言うときます」
Mari  「ええこと教えてもらったわ!ほんとにその通りね」

ピリッと冷えた秋晴れの朝、出雲大社へ参拝。全国各地の神々が集まるという出雲の地、鳥居をくぐり参道へ、厳かな雰囲気が漂う。さすがに立派なもんだわ。


「縁結び」とは恋愛だけではなく、日々巡りあえる『様々なご縁』のこと
いままでに巡りあえたご縁にお礼と感謝をし、これから巡りあえるご縁をお願いしてきた(笑)

| 写真 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

帝釈峡(広島県庄原市)

9・10日と義兄夫婦と夫と4人で秋旅のドライブに出かけた。 中国自動車道を兵庫県→岡山県→広島県東城ICで下り、帝釈峡をめざして車を走らせた。
神龍トンネルを抜けると、自然の織りなす雄大な景色の神龍湖があった。残念ながら今年の紅葉は残暑の影響で2週間ほど遅れているとか・・・
遊覧船に乗って、のんびりと秋を楽しんだ。
上帝釈の方へ車を移動させて、自然遊歩道を散策。せせらぎの音、鳥の声、風のにおい・・・体中で自然を感じる。 歩きながらMariさん(義姉)と話がはずんで、楽しいひととき
上帝釈は渓流に沿って太古の木々に囲まれ神秘的な感じがする。 日本一の天然橋である雄橋(おんばし)まで歩いてUターンした。昔ながらの観光馬車も行き来していた。
マイナスイオンをいっぱい浴びて気持ちよかった。

一路、広島県→島根県 玉造温泉で宿泊。

| 写真 | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

若狭鯖街道『熊川宿』

スーパーカ○ベのキャンペーンで当った無料ご招待の日帰り旅行、若狭鯖街道『熊川宿』に行って来た。一人旅も気楽でよかった~♪お天気もまぁなんとか・・・もってくれて、秋の一日ゆっくりと楽しめた。

熊川の町並みは街道に面して、昔ながらの家が連続して立ち並ぶ。タイムスリップしたような宿場町の風景は時代劇のロケ地にもなったらしい。 ボランティア観光ガイドさんに案内してもらって散策した
豊富で流れが速い水路が、熊川宿の景観には欠かせない。生活と密着している。
もう一度ゆっくりと歩きたい宿場町だ。

| 写真 | 23:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『こすもす畑』絵手紙展

井上満知子先生の『こすもす畑』絵手紙展が2日~4日まで、 たつの市御津町の小高い山の上、安暖庭(アンダンテ)で開催中。
今日は秋晴れ、海の見えるギャラリー安暖庭(アンダンテ)からの風景は、岩見漁港や瀬戸内海もこの通り一望!すばらしいわぁ~♪
会場の外にも手づくりののコスモスがいっぱい、かわいい案山子さんもお出迎え。
会場の中は、学校の教室のような飾りつけもあり、懐かしさを感じた。盛りだくさんに絵手紙や手づくり品が展示されていて、楽しませてくれた。
メンバーの方々の手づくりの一閑張やはし袋、富良野から木工品・・・などなども販売されていた。
そして、何より今日はまっちさんとまるちゃんに会えた!ちょっと恥ずかしかったけれど、会えてうれしかった♪
ブログを通しての交流だけど、前からの友人のような親しさを感じた。 明日はゆっくりとおじゃましまぁ~す!

| 絵手紙 | 21:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

森山直太朗コンサート

秋の一夜、世界遺産姫路城で森山直太朗のコンサートがあった。すごいステージ設営、大画面映像、弦楽器にピアノ、和太鼓、琴、つの笛のオーケストラ、バックにはライトアップされた堂々たる姫路城、直太朗の澄み切った美しい歌声が響き渡った。森山良子ファンだった私は夢のようなワクワクした時間だった。お母さん譲りの美しい直太朗の声に酔いしれた。
これは来年姫路で開催される第25回全国菓子大博覧会のプレイベントとして行われた。近くでこんな大イベントがある時は参加しなくっちゃね!今晩は今井美樹コンサートがある。

森山直太朗コンサート  11月2日(金)
今井美樹コンサート    11月3日(土)
会場 姫路城三の丸広場


直太朗の最後の曲は『さくら(独唱)』だった。こころにジンジン響いてきた!

♪僕らはきっと待ってる   君とまた会える日々を
さくら並木の道の上で  手を振り叫ぶよ
どんな苦しい時も     君は笑っているから
挫けそうになりかけても  頑張れる気がしたよ
霞みゆく景色の中に   あの日の唄が聴こえる
さくら さくら 今 咲き誇る
刹那に散りゆく運命と知って
さらば友よ 旅立ちの刻 変わらないその想いを今♪

| 日記 | 09:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白浜アドベンチャーワールド

水族園あり、サファリーあり、遊園地ありで大人も無邪気に楽しめるところだった。 たくさんのショップには、パンダやペンギンのかわいいグッズがいっぱい並んでいた。
20071029a.jpg 20071029a.jpg
すいすい泳ぐ赤ちゃんペンギン かわいいしぐさでエサをもらうラッコ
20071029a.jpg 20071029a.jpg
ほんまにぬいぐるみみたい~ 笹が大好物なんだぁ~!
20071029a.jpg 20071029a.jpg
愛嬌たっぷりなアシカ イルカに乗って水面を走る

| 写真 | 23:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白浜温泉

10月28・29日と白浜温泉へ行ってきた。 秋空にぽかぽか日和、和歌山は暑かった! バスがサービスエリアに着くたび、おいしそうな特産物が目に入り、思わず買ってしまう!和歌山県はおいしそうな物が豊富だわぁ~、車窓からみかん畑がいっぱい見えた(*^^*)
『安珍と清姫』の物語で有名な『道成寺』、おしょうさまがおもしろおかしく絵巻を広げて『絵とき説法』をしてくれた。物語の内容がわかりやすかった。
『三段壁』断崖絶壁の荒々しい海岸、のぞきこむと足がすくんだ。こんな看板も見つけた
『千畳敷』は大きな広々とした石畳が幾つもひいてあるような感じ、朝日も夕日も美しい場所だそうだ。 この後白浜温泉でゆっくりと過ごした。

| 写真 | 13:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。